車夫と社會主義

提供: 日本社会主義文献類聚
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 社会主義者幸徳秋水(1911年没)による評論「車夫と社會主義」の全文である。
  • 底本:幸徳秋水幸全集編集委員会編『幸徳秋水全集 第五巻』日本図書センター、1982年
  • 底本の親本:週刊『平民新聞』「自覺せよ車夫諸君」 第5号 1903年12月6日
  • 用字・仮名遣いは底本に従った。

自覺せよ車夫諸君

 自覺せよ、滿天下の車夫諸君、諸君が遭際する運命如何と自覺せよ。

 人は競ふて二十世紀文明の德澤に浴するを慶賀す、然れども諸君は果して其德に浴せる乎、文明は馬車となれり、滊車となれり、電車となれり、數里、數十里に蔓延せり、百里、千里に横行せり、而して熾んに諸君を迫害しつゝあるに非ずや、諸君の業務は年々之が爲めに掠奪せられつゝあるに非ずや、諸君の生活の權利は日々之が爲めに蹂躙せられつゝあるに非ずや、而して諸君の頭上を壓して來る者は則ち一家の困窮、痛苦、飢餓に非ずや、而して吾人は恐る、次で來る者は則ち墮落と罪惡とならんことを、諸君は如何に今日に處せんとする乎、吾人想ふて此に至りて深く同情の念に禁えず、諸君は此際大に考へざる可らず、而して更に大に奮はざる可らず。

 然れども吾人は諸君に向つて、滊車、馬車、電車に抵抗せよと謂ふ者に非ず、諸君にして韋駄天の脚を有するに非ざるよりは、人力車は到底廢物たらざる可らず、諸君にして社會公共の利便を尊重するの念あらば、彼等をして遂に諸君に代らしめざる可らず、諸君にして彼等に抵抗せんとする乎、其勢ひ螳螂龍車の夫よりも甚し、諸君は必ず如此きの愚を爲さゞる可し、然らば諸君は今日より何物を以て其梶棒に代ふべき乎。

 人は諸君に向つて、移住を勧告せり、轉業を勸告せり、是れ佳ならざるに非ず、而も諸君が一時に適當の移住地を求め、適當の業務を得て、其效果を收むるは容易に非ず、況んや將來文明の進歩は限りなし、文明の進歩限り無くんば、諸君及び其他の職工勞働者の業を失ふ者亦頻々として限り無からんとす、夫れ限りあるの移住、轉業の手段を以て、限りなきの失業者に應ぜんとす、其窮せざる者幾許ぞ、且つや諸君、諸君が何の地に移住し何の業に轉ずるも、社會經濟の組織が無政府の狀態に在ること依然今日の如きに於ては、文明の利器は何時迄も諸君を窮追し、競爭の激流は必ず諸君を溺らさずんば已まざる可し、移住轉業の手段の如き假令實行し得べしとするも、是れ唯だ一時の應急緩和に過ぎずして、決して失業問題に向つて最後の解決を與ふる所以に非ず、諸君大に考へざる可らず、而して更に大に奮はざる可らず。

 若し夫れ諸君の爲めに、賠償の金を出すべしと云ひ、救濟の資を募らんと云ふが如きは、亦惡事に非ず、而ち其一時の應急緩和の手段たるに過ぎざるや一也、而して諸君前途の運命は、猶ほ岌乎として危きを免れざるに非ずや。

 然り文明の利器は、遂に諸君の抵抗を許さず、移住や轉業や救濟慈善や、遂に諸君の生を遂げしむるに足らず、然らば則ち諸君は遂に其人類としての地位と、生活の權利とを回復し保全すること能はざる乎、何ぞ其れ然らん。

 諸君一考せよ、再考せよ、諸君今や文明の利器の爲めに、其業を奪はれ、其地位權利を蹂躙せらる、然れども是れ豈に文明の利器其物の目的ならんや、文明の利器は之を所有し、之を使用する者を利し、之に抵抗する者を害す、諸君にして其害を免かれんと欲せば、何ぞ自ら進んで、是等文明の利器を所有し、之を使用することを圖らざる、何ぞ自ら奮つて、滊車、馬車、電車、其他の資本及び器械を所有し、使用し、之が德澤に浴し、之が利益を享くることを爲さゞる、今の所謂紳士や豪商や、勞働の技能を有せず、勤儉の美德を有せず、放蕩懶惰、一擧手一投足の勞を敢てするなしと雖も、而も彼等は唯だ此利器を有するが故に、家に巨萬の富を累ねて、美衣美食に饜けるに非ずや、況んや勤倣にして技能あるの諸君にして奮つて文明の利器を其手中に握るに於ては、何ぞ衣食の計を是れ恵ふるを要せんや、何ぞ他人の慈善に依るを要せんや、何ぞ他人の救濟に依るを要せんや、何ぞ其不幸の運命を歎ずるを要せんや。

 然らば卽ち諸君が一切文明利器を所有し使用するの術如何、他なし、今の經濟組織を變革して、社會主義を實行するに在るのみ、獨り諸種の新器械のみならず、土地と資本とを擧げて、之を今の所謂紳士豪商の手より奪ふて、諸君及び社會全體の共有となすに在るのみ。

 夫れ社會國家の形成組織せらるゝ所以は一に人類多數の福利に非ずや、而して諸君及び諸君の同胞たる勞働者は實に人類の多數を占むる者に非ずや、若し諸君の多數にして一致團結、其主張の貫徹を力むる、誰か敢て之を拒まん。

 自覺せよ、滿天下の車夫諸君、諸君が遭際せる運命如何と自覚せよ、而して永遠に諸君の地位と權利を回復し保持せんと欲せば、速かに社會主義の旗下に來れ。

(五號、明治三十六年十二月六日、無署名、『平民主義』所收「車夫と社會主義」)


Public domainPublic domainfalsefalse
Public domain 日本を本国とするこの著作物は現在、パブリックドメインの状態にあります。なぜならば、環太平洋パートナーシップ協定の発行日である2018年12月31日時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の死亡した日、あるいは匿名、変名、団体によって発行された著作物はその発行日の、いずれかが属する年の翌年から起算して50年を経過しているからです。

注意: 1956年12月31日以前に撮影された写真にはテンプレート:PD-Japan-oldphotoを、1953年以前に制作された映画にはテンプレート:PD-Japan-filmを使用してください。

Flag of Japan.svg