東洋社會黨々則草案

提供: 日本社会主義文献類聚
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 東洋社會黨々則」の改正案である「東洋社會黨々則草案」の全文である。この草案は1882年(明治25年)末から樽井藤吉によって起草されたが、その修正協議中に樽井がこの草案の頒布を理由に投獄され、党則が正式に採択されることはなかった。
  • 底本:田中惣五郎『東洋社会党考』一元社、1930年。

東洋社會黨々則草案

第一章 綱領

  • 第一條 我黨は親愛を言行の規準となす
  • 第二條 我黨は自他不等を主義となす
  • 第三條 我黨は社會公衆の最大福利を目的とす

第二章 手段

  • 第四條 舊來の弊習を矯正し貧富の世襲を破壊する左の項目を以てす
    • 一、天物共有
    • 二、協同會社
    • 三、兒子共育
    • 四、理學的生殖
  • 第五條 我黨を鞏固にし我黨を擴張するに左の項目を以てす
    • 一、自勉
    • 二、演説
    • 三、遊説
    • 四、著書新聞紙雑誌

第三章 組織盟約

  • 第六條 我黨は名けて東洋社會黨と稱す
  • 第七條 我黨は左の盟を爲すべし

東洋文明の氣運茲に東洋社會黨を鎔造す、東洋社會黨諸君、我東洋社會黨は舞君の力に因て興るに非ず、予が誘導を以て成るに非ず、東方文明の照光に蒸發する吾人が腦漿相感合凝和して埀天の雲となり一味の雨となり、平等の德淨を社會に流さんと欲する所なり。
諸君が編成せし此黨則は、諸君自ら之を編成せしに非ず、亦是東方文明の氣運之が編成を爲す所なり、予が嘗て予の中心に萠出したる思想も亦此黨則に外ならず。 今予諸君と同盟し我黨旨を皇張するに方り予が中心に萠出したる此黨則を遵守し毀譽の爲に思意を變ぜざるは中心自ら信ずる所なり。
予更に諸君に告ん、予が中心は佛子の如く慈眼常に公衆を見ん、予が中心は太陽の如く光明遍く社會を照さん、其平に偏ならざるは、予が天與の性情に出る所なり。
更に諸君に告ん、予は剛邁敢爲氣柔和忍辱心を以て輪翼とし緩に流れず急に失せず樂んで我黨事を執らん、是予が性情の傾向に隨つて自ら盡さんと欲する所なり。
予は特に務めて予が精神の如く文明を企圖し道義に富有なる精神の人と交結して我此黨を大にせんとす予は我黨を大にするに親和を以て宗とすべし同類を敵とするが如き言行はすべからず。若し私を圖り公を賊する者有て文明の進路を遮断し、道義の我黨を壓滅せんとするに至つては、予は身を以て我黨に許さん、予が貴重の身許しを以て愛惜せざる所のものは、血を文明の資本とし骨を道義の甲胃たらしむるなり、我黨諸君が爲に私情を以て許すに非るなり、 予が腦漿予を制するの君主あらす、予が率ずる所の君主は一の道義のみ、道義亦予を制する能はず、予が腦漿は則道義なればなり、東方文明の氣運に化育せらるる我東洋社會黨諸君、我黨の盛衰は人類綱紀の興廢なり、我東洋社會黨諸君、諸君の任實に重し、既に諸君は其重を辭せず以て自ら任ず。
 鳴呼諸君の精神は予が精神の如し予が精神は諸君が堅忍不抜不變不動の精神の如し以て矢ふ

  • 第八條 盟は集會の席に於て揚言するか、又は盟約書の後に連署するか、其時宜に随ふ
  • 第九條 黨員三種類左の項目の如し
    • 一、同盟人
    • 二、同志者
    • 三、賛成員
  • 第十條 黨則は黨員各自の腦中より湧出したるを以て各員自ら許して自ら編成せし者となすべし、人の手になると言を得ず
  • 第十一條 總理黨長又は創立委員等の名實共に用ひず、但一時の事務分擔周旋者を確立する事あるべし
  • 第十二條 本部末部の名稱を用ゐず、何國部何郡部と稱す
  • 第十三條 黨員は左の項目を戒愼す
    • 一、言語を同等にすべし
    • 二、品行を方正にすべし
    • 三、家業を怠慢せざるべし
    • 四、不得止に非れば誹毀を爲さず
  • 第十四條 我黨は別に規則を設け、方便課を置く (但し方便課は本黨の一部局なれども手段上正則と背離なきを保つ可からざれば、其正變混同せざるを要するが爲毎課自立の稱號を附す)
  • 第十五條 方便課の名稱は其發意者各自の好む所に任す (但方便課は何黨何會及何宗の名を稱するも障礙なしと雖も本黨々員の團結せし團結ならざれば方便課と稱するを得ず)
  • 第十六條 方便課は毎課規則を殊にすべしと雖も本黨綱領を以て大憲章となすべし (但し方便課規則中大憲章を明記すると否とは毎課發意者の意想に放任す)
  • 第十七條 本則は大なる障礙を生ずるに非れば更生せず

この著作物は1925年1月1日より前に公表されたものであるため、アメリカ合衆国においてパブリック・ドメインです。


作者の没年は1922年であり、この著作物は、他の著作権保護期間が80年未満の国においてもパブリック・ドメインです。