党かく乱のデマをうち砕け

提供: 日本社会主義文献類聚
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 1950年1月8日の「アカハタ」に掲載された「党かく乱のデマをうち砕け」の全文である。
  • 底本:『資料戦後学生運動 2』三一書房、1969年
  • 初出:「アカハタ」 1950年1月8日号

同志野坂に関するUPその他の電報は、党の結束をかきみだそうとする明らかな敵の挑発行為である。われわれがもし外国電報を信ずるなら同志スターリンは、すでに、二十たび死んだであろうし、同志毛沢東は、十たびあやまりを犯したこととなるであろう。

今後も闘いの激化とともに、矢つぎばやに行われるであろうと思われる敵のこうした挑発行為に対しては、常に、全党員はこの種の党かく乱の隠謀にいささかもまどわされず、結束して、たちどころにこれを粉砕しなければならない。
一九五〇年一月八日
日本共産党中央委員会政治局
日本共産党統制委員会



Public domainPublic domainfalsefalse
Public domain この作品は現在、パブリックドメインの状態にあります。なぜならば、この著作物は、「法人その他の団体が著作の名義を有する著作物」であって、かつ、環太平洋パートナーシップ協定の発行日である2018年12月31日時点で日本国の著作権法第53条第1項に定められた著作権の保護期間(その著作物の公表後50年(その著作物がその創作後50年以内に公表されなかったときは、その創作後50年))を経過しているからです。
注意:この作品の名義を有する法人その他の団体の名称、この作品の公表年及び出典を明記してください。
Flag of Japan.svg